NATURE AQUARIUM SEMINAR 2011(2日目、3日目)

NATURE AQUARIUM SEMINAR 2011の2日目、3日目は1日目に作成した水槽への植栽でした。

すべての水槽に底床が浸るぐらいに水が入れられており、さらにサランラップで水槽を密封して

湿度を保ってました。やはり、雑誌では伝えられないようなテクニックがいっぱいありました。

見てみて、なるほどと思うことが多々ありました。動画による中継、今後も行ってほしいものです。

b0204507_1841988.jpg


さて、どのように植栽を行っていたかを自分がちょっと気になった部分を簡単に列挙したいと思います。

・とりあえず下準備はすべてあらかじめスタッフが行っており、有茎の長さの指示もすべて天野氏。見ていた中では結構短めにそろえて植栽してました。(おそらく8~10cm?)

・最初の段階から植栽する量が半端ない。これはなかなかできない芸当ですね(^^;)あれだけ買ったらどんだけお金がいることやら。。

・活着水草(中継で見たのはトライデント)は、直径4~5cmぐらいの溶岩石に数株ビニタイで巻きつけ、それをポンポンと流木、石の合間においていた。

・でっかい溶岩石?を使った水景があったのですが、ウィローモスを包丁で刻みこみ、溶岩石表面の隙間にウィローモスを置いてた。(このときの中継は途中見れなかったのでわからないのですが、ただただ刻んだウィローモスを表面に置いているように見えました。水入れたら浮いてきてしまうような。。)しかも、ウィローモスを刻んでたのは天野氏。。笑 ひたすらトントントントンやってました。笑

・キューバパールグラスはすべてわび草を使っていました。しかも、大量。

・植栽途中、社長は疲れると途中マッサージを受ける!笑 待遇がVIPすぎる(^^;)笑 さすが社長! 
そのおかげで、たしかマッサージをしていた人がセミナー優秀者に選ばれたとか?笑



だいたいこんな感じですかね?ひとつ残念だったのは、クリプトを植栽している時を見れなかったこと。

まぁ、でもいずれyoutubeにアップされると思うのでそれまで待ちたいと思います。


b0204507_1831415.jpg

これが溶岩石?レイアウト。このあと、ウィローモスが石表面にのせられました。

b0204507_183453.jpg

青龍石?

b0204507_1825395.jpg

万天石レイアウト。迫力満点です。
[PR]
by kmtm5287 | 2011-09-24 18:13 | ADA
<< SOKOMONO NATURE AQUARIUM... >>